小さい子供はまだ免疫力などが低いので色々な病気にかかりやすいです。病院に行ったは良いものの最近インフルエンザ治療薬のリレンザ・タミフルは異常行動などで処方されても怖い、と考える親御さんも多いと思います。ここではリレンザに焦点を当てていきます

リレンザは小児でも服用出来る?

リレンザ使用している家族がいる保菌者の場合の休暇

インフルエンザは感染力の強い病気です。そのため、家族の中に感染者がいると、看病している人を中心に感染する可能性が高くなります。 インフルエンザと診断されると、リレンザが処方されます。リレンザには、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、感染者の熱を下げることもできますし、ウイルスの排出が抑えられるので、他の人への感染も回避することができます。 家族にインフルエンザ感染者がいる場合、家族全員保菌者となります。インフルエンザウイルスは潜伏期間が1日から3日程度となっていますが、免疫力が強い場合は発症しないか、発症しても軽く済むことがあります。また、リレンザを使用していても鼻水やくしゃみ、咳などにウイルスは含まれているので、たとえ看病していなくても保菌している可能性があります。感染しないためにも、部屋の湿度を上げ、1時間に数回は換気を行います。食器やタオルも別にし、感染者が食べ残したものを食べないように気を付けます。 インフルエンザ感染者が家族内にいる場合、休暇はいつまで取ったら良いか悩みます。会社や職種によっては、休暇となる場合もありますが、ほとんどの会社は通常出勤となります。また、学校に関しても、兄弟が感染していても、自分自身が感染していない場合、登校するようになっています。 ですが、他の人にうつしてしまう危険性もあります。会社や学校に行く場合は、マスクを必ず着用するようにしましょう。 リレンザを使用すると、1日程度で症状が軽くなります。そのため、家の中を歩きたくなりますが、この時点ではまだ体内にウイルスが存在しています。新たに感染者を増やさないためにも、不要な外出は避け、部屋から出る場合はマスクをつけるようにします。