小さい子供はまだ免疫力などが低いので色々な病気にかかりやすいです。病院に行ったは良いものの最近インフルエンザ治療薬のリレンザ・タミフルは異常行動などで処方されても怖い、と考える親御さんも多いと思います。ここではリレンザに焦点を当てていきます

リレンザは小児でも服用出来る?

リレンザとティーツリーオイルと死者を出さない考え方

インフルエンザは毎年必ず猛威を振るうインフルエンザウイルスによる感染症です。感染すると高熱や頭痛、関節痛などに悩まされることになりますが、健常な成人であれば発症してから一週間程度で自然に完治できます。感染力が高いものの、人の持っている免疫力で通常は十分に抵抗できるウイルスだからです。しかし、免疫力の弱い小児や高齢者になると完治に時間がかかることも多く、合併症を伴って死者が毎年出ている状況があります。死者を増やさないための考え方を誰もが持つのが感染症の万円を防ぐためには欠かせません。その考え方のアプローチをリレンザとティーツリーオイルから理解できます。 リレンザは治療薬として知られており、適切な使用を行えば平均して完治までの期間を1日程度短くできる効果があります。小児や高齢者にとって、その1日が生死を分ける場合もあり、リレンザによって症状が軽減されることで合併症が防げる場合もあるのが事実です。治療を早めるのは死者を増やさないための基本となります。一方、リレンザは予防投与も可能であり、服用し続けていればその期間はインフルエンザにかかることはありません。これはわずかにインフルエンザウイルスが体内に入っても増殖できない体内環境を維持できるからです。こういった予防の考え方がもう一つの重要な考え方となります。 ティーツリーオイルから理解できるのは、予防の考え方にもう一つの選択肢があることです。ティーツリーオイルは感染に対する抵抗力を高められるとされています。インフルエンザウイルスだけでなく、細菌やウイルスなどの病原菌に対する抵抗力を総合的に高めて健康を保つ考え方です。合併症の予防にもつながるため、有用な対策の一つとなります。