小さい子供はまだ免疫力などが低いので色々な病気にかかりやすいです。病院に行ったは良いものの最近インフルエンザ治療薬のリレンザ・タミフルは異常行動などで処方されても怖い、と考える親御さんも多いと思います。ここではリレンザに焦点を当てていきます

リレンザは小児でも服用出来る?

インフルエンザになりやすい時期とリレンザと鼻の症状

インフルエンザ菌のイラストインフルエンザになりやすい時期というのは、とにかく予防に努めることがまず第一となります。 病気はならないことが大事ですから、インフルエンザも同様なのですが問題はインフルエンザは極めて感染力が強くて必ず流行する時期というのが訪れることです。 どれだけ気を使っていても、周りがインフルエンザ患者だらけになると移されてしまう恐れもありますので、予防し切ることもできないことがあります。 それでも最近は予防接種などがありますし、画期的な治療薬もあるので手の打ちようはいくらでもあるのですが、それだけに体調の変化には十分に気をつかいちょっとした異変であってもすぐに病院で検査を受けるようにしましょう。 インフルエンザが流行っている時期に鼻の調子が悪くなったとなれば、ただの風邪ではなくインフルエンザかも知れませんから、すぐに病院に行くことが大切です。 なぜ早めに行く必要があるのかというと、最近はリレンザといったようにインフルエンザに効果的な薬が登場していてそれも初期の段階であれば、それ以上病状を進行させずに治すことができるためです。 リレンザはウイルスの増殖を抑えてくれる薬であるため、感染の初期の段階で使えばウイルスが少ない状態を保つことができるの治癒するまでの期間も短くなります。 しかし、本格的に発症してしまって体内のウイルス量が増えてしまった場合には、ウイルスの増殖を抑える薬だけに減らすことはできないので効果が弱まってしまうことになるのです。 そのため、少し鼻の調子がおかしいと思った時に病院で検査を受けて早めにインフルエンザがわかりリレンザを服用しておけば、寝こむようなこともなくなるので楽に治療をすることができます。