小さい子供はまだ免疫力などが低いので色々な病気にかかりやすいです。病院に行ったは良いものの最近インフルエンザ治療薬のリレンザ・タミフルは異常行動などで処方されても怖い、と考える親御さんも多いと思います。ここではリレンザに焦点を当てていきます

リレンザは小児でも服用出来る?

くしゃみや体質の変化に気づいたらリレンザを

くしゃみのイラストインフルエンザの季節となると感染をしないように注意をしているという人も多いものですが、どれだけ注意をしていても感染してしまうおそれがあるのがインフルエンザです。 非常に感染力が強いものであるため、予防に気を使っていても移ってしまうことは珍しいことではありません。 予防接種を受けるというところまで行えば、感染の確率は下げることができますが予防接種は病院に行かなければできませんから、忙しい人などはなかなか病院に行けないものであるため他の方法で予防をする以外ない状態となっています。 インフルエンザで大切なことは予防をしっかりすることですが、体調の変化などを見逃さないことも重要なことのひとつでありくしゃみが出るようになったり、体質に変化が現れたりしてインフルエンザの兆しが少しでも見えるようであれば直ちに病院に行って検査を受けるようにしましょう。 予防が第一だとするとその次に大事なのは、感染をした時にはできるかぎり早い段階で治療を開始することであり最近はインフルエンザの優れた治療薬があるので早めに対処をしておけば、悪化をすることなく治すことができるのでインフルエンザは早期発見早期治療が重要となります。 近年登場したリレンザという薬はウイルスの増殖を抑えてくれるので、早い段階で治療を開始すれば本格的な症状が出る前に治すことができるのです。 インフルエンザのウイルスは爆発的に増殖をするためリレンザのようなインフルエンザの特効薬が登場するまでは、感染してしまうと悪化をするのを待つのみで、安静にしているよりほかなかったのですが現在ではリレンザを早めに服用することでそのウイルスの増殖を抑えることができるため症状が悪化しない内に治すことができるようになったのです。