リレンザは小児でも服用出来る?

小さい子供はまだ免疫力などが低いので色々な病気にかかりやすいです。病院に行ったは良いものの最近インフルエンザ治療薬のリレンザ・タミフルは異常行動などで処方されても怖い、と考える親御さんも多いと思います。ここではリレンザに焦点を当てていきます

リレンザは小児でも服用出来る?

子供にリレンザを処方されたが服用して大丈夫なのか

リレンザの外箱の画像リレンザはインフルエンザA型、B型と診断された時に処方されることが多い薬です。リレンザ自体はインフルエンザB型に、より効果が見られますが、A型であっても適切な時期に吸入をするとウイルスの増殖を抑え、熱を下げることができます。子供にリレンザが処方された場合、服用しても大丈夫か疑問に思いますが、リレンザはタミフルよりも副作用が少ない薬です。また、タミフルを服用することにより起こる可能性がある異常行動に関しても、リレンザの方が頻度が低いです。そのため10代の子供にはリレンザが処方されるきまりになっています。リレンザは、吸入薬です。喉に薬を吹きかけることにより、ウイルスの増殖を抑え、症状を改善していきます。直接ウイルスに薬を届けるので、効き目も早く現れ、早期に体調が回復していきます。ですが、使用してはいけない場合があります。まず、安全性が確認できていない、うまく薬を吸入できない、ということから、5歳未満の幼児には使用できません。また、喘息や、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、慢性呼吸器疾患の場合も使用できません。インフルエンザに感染した場合で、子供に気管支喘息や中等度の喘息がある場合は、きちんと医師に伝えるようにしましょう。場合によっては、気管支の薬を使用してからリレンザを吸入するようになります。子供に起こりやすい副作用としては、下痢、口内炎、発疹などがあります。また、異常行動を起こすこともあります。異常行動に関しては抗インフルエンザ薬が原因とは断定できていません。インフルエンザのウイルスが関係していることが多いため、発熱している間は目を離さないようにしましょう。薬はあくまでウイルスの増殖を抑えているだけなので、治るまで気を配るようにします。

リレンザ服用時の小児特有の副作用などはあるのか

リレンザの錠剤の画像リレンザはインフルエンザ治療薬として広く処方されており、副作用として異常行動が発生するリスクがあると指摘されているタミフルが小児に処方されなくなってからはリレンザが活躍する機会も増えています。ただタミフルで異常行動が引き起こされたわけですから、リレンザに関しても小児特有の副作用があるのではないかと心配する人は少なくありません。ですがこれについて結論から言ってしまうと、少なくとも現段階まででリレンザに小児特有の副作用があるという報告はありません。もちろん本当に小さなものであればいくつかの報告はあるでしょうが、リレンザは小児に対して処方したとしても副作用は少なく、インフルエンザを効果的に治療できるという結論が出されています。一応薬自体が持つ副作用として報告されているもの、例えば下痢や頭痛、嘔吐といったような副作用は小児にも発生する恐れはありますが、いずれも致命的な副作用になることはほぼ無いために安心して使って良い薬だと言えます。少々リレンザを小児に処方する際に注意が必要な点としては、吸入薬という特殊な形状の薬であるために使用しづらい子どもがいるという点でしょう。特にタミフルの場合は小児でも飲みやすいドライシロップなどがあったのですが、リレンザは気道に付着させることでインフルエンザウイルスに対抗するという性質があることからドライシロップなどの形状にもなっていません。加えて注意が必要なのがインフルエンザの性質で、かつて問題視された異常行動がインフルエンザの症状の一つであった可能性が高いということです。特に小児の場合は大人と比べてもインフルエンザ脳症と呼ばれる重大な症状に繋がる恐れが大きいですから、リレンザを使用した後でも常に子どもの状態を見守り、異常な点があればすぐに病院に行けるようにしておきましょう。